ゴデリア ティント


今注目の安ウマエリア「ビエルソ」から、注目の品種「メンシア」100%

この価格とは到底思えないようなボリューム、骨格、飲み応えの赤ワイン

スペインの辛口ワインガイド・ぺニンガイドで同価格帯最高峰の95点獲得!!



※以下輸入元資料より

■ゴデリアについて

カスティーリャ イ レオンとガリシアの間の山間部、ビエルソのピエロス村に位置するボデガです。伝統的な方法を尊重しながら、最新の現代技術を取り入れたワイン造りを行なっています。畑は海抜500〜700mに位置し、自社畑とレンタルの畑を合わせ所有面積は40ha。


ジョセプ セラは、プリオラート出身で、この地域の土壌がプリオラートに類似しているので、その可能性を感じでビエルソに来ました。気候はガリシアに近く、大西洋気候と地中海性気候の影響を受け、降雨量は年間500〜700mmです。栽培は、ビオディナミを目標としていますが、色々なデータを収集して、偏りすぎないように、縛りがきつくなりすぎないようにしています。環境に障害の無い範囲で、フェロモンカプセルも使っています。灌漑設備はなく、雨水のみを使用。高いポテンシャルを持ちながら未開発の地域ですが、樹齢の古い葡萄が多いのが有利な条件のひとつです。


ビエルソの地葡萄であり、世界で最もユニークな葡萄のひとつであるメンシア100%のワインを、世界中に広めることが夢のひとつです。ビエルソは世界遺産にも認定されているサンティアゴ デ コンポステーラの巡礼道沿いにあり、ゴデリアの葡萄畑の前にその巡礼の道が通っています。そのためゴデリアは巡礼のシンボルであるホタテ貝を巡礼者達への敬意の印としてボデガのエンブレムに取り入れています。


■ゴデリア ティントについて

樹齢:40〜80 年
熟成:フレンチオーク、アメリカンオーク(300L、400L)12 ヶ月

畑で厳しく選別をしながら、15kg 入りのケースを使い手摘みで収穫します。収穫された葡萄は10 度に保冷し、選果テーブルで人の手によって選別します。除梗し、区画ごとに150hl のステンレスタンクを使い25 度で発酵させます。マセラシオンの長さはロットごとに状態を見て調整しながら、約18〜22日発酵を行ないます。熟成は300Lのフレンチオークの新樽(一部古い樽)で12ヶ月。マロラクティック発酵、シュール リも樽で行ないます。ボトリングは月の満ち欠けに合わせて行ないます。


複雑でエレガントな香り、非常に凝縮され、熟した赤い果実のキャラクターをミネラルや野生の植物のニュアンスが包んでいます。同時に樽からのスパイスの香りも広がります。口に含むとやわらかくエレガントで、甘くまろやかなタンニンが感じられます。持続性と長い余韻があります。


※2008 年が「ぺニンガイド2012」で95点
※2008 年が「ワイン アドヴォケイト195」で90 点


■生産地 スペイン/ビエルソ地方
■造り手 ゴデリア
■葡萄品種 メンシア(100%)
販売価格 2,200円(税込2,376円)
在庫数 残りあと6本です
購入数


About the owner

店長 岩瀬


J.S.A認定
シニアワインアドバイザー

Top