キンタ ファフィデ ドウロ リゼルバ  【赤/ポルトガル/ドウロ/お取り寄せ商品】


ポルトガルの潜在能力の高さを感じる、飲んで納得のリゼルバ

この味わいならスペインのグランレゼルバクラス、価格倍でも納得

とにかく名前で選ばず美味しいワインがお好きなら絶対おすすめ!!




原産国:ポルトガル
地域:ドウロ
葡萄品種:ティンタ ロリス、トゥリガ フランカ、トゥリガ ナショナル


ポルトガルって葡萄品酢がよくわからないし、どんなワインなのか想像できない・・・そういう方が大多数だと思います。私、店長もそうです。はっきりいってブドウ品種なんか全然覚えれないような変な名前だし、むろん味も想像できません。でも・・・飲んでみると驚くほどのパフォーマンスを持っています。


1年もの長い間樽でしっかり熟成させ、リリースするまでにさらに寝かせることで味わいのバランスが素晴らしく、飲んですぐそのポテンシャルの高さに驚きます。このヴィンテージ2006は飲んだ印象ですと、タンニンはそれほど硬くなく、でも果実味は十分に感じられ、5年目を迎える今年あたりから飲み頃が始まるような味わいです。


ボトルを開け、1本飲み終わるまで全然疲れや飽きを感じさせない、しっかりと1本満足しながら開けられるバランスの良さがあります。渋すぎるワインや、濃くてもバランス悪いワインは1本開けるのに相当時間がかかるか、途中でやめますが、このワインは最後まで美味しくいただくことが出来ました。そういった意味でも太鼓判の品質です。


濃くて重いワインが多い中、このワインももちろん濃厚ではありますが、バランスの良さではこのレベルのワインはなかなかないんじゃないかと思います。やっぱり今飲んで美味しいワイン、そして1本スムーズに気持ちよく開けられるワインが何よりも優れたワインであると思います。ぜひ一度このバランスの良さをお試しください!!





《以下輸入元資料より引用》

平均の標高500m、南東向き。スレートがたいへん多くみられる土壌。収穫は手摘み、100%除梗し、破砕します。葡萄品種ごと、ロットごとに発酵させます。最終的なブレンドを想定しながら、厳しく選別を行っています。葡萄畑での選別、ロットごとの選別は伝統的なワイン造りの技術です。発酵は小さめのステンレスタンクで約28℃で行います。エレガントでアロマティックなワインにするため、注意深くコントロールしながらマセラシオンを行ないます。一部はフレンチオーク樽で12 ヶ月熟成、数パーセント、アメリカンオークも使用します。非常に濃厚でエレガントなアロマ。レッドベリーのコンポートやプラムの支配的な香りは、アメリカンオークの新樽からのニュアンスと素晴らしいバランスを保っています。口に含むと、しっかりとした良質なタンニンが感じられ、長く持続性のあるフィニッシュがあります。
型番 PA015
販売価格 2,000円(税込2,160円)
在庫数 残りあと6本です
購入数


About the owner

店長 岩瀬


J.S.A認定
シニアワインアドバイザー

Top