マスカットベリーA 樽熟成 キュヴェ イケガワ 2009

国:日本/山梨県
造り手:シャトー酒折
品種:マスカットベリーA

以下蔵元の資料より引用
2009年は収穫数量が増えたこともあり、4つのロットに分けて発酵管理を行い、ワインになった段階でブレンドを行うことで風味のバランスをとることとした。すべての葡萄は除梗破砕時に色調、香を引き出す酵素剤を加えながら行い、また一部の葡萄は酸度が低下していたため発酵時の微生物安定を目的とした補酸を行った。発酵はホーロータンクと樹脂タンクを使用した。今ヴィンテージはテスト的に30度近い高温域で発酵させることで葡萄の持つ果実味を損なうことなく、4〜6日と短期間のうちに発酵を終了させた。(2008年は18℃で約10日間の低温発酵)また搾汁後早期のうちに澱引きを行い雑味の発生を防止し、マロラクティック発酵は自然誘発で行った。翌年1月上旬にフレンチオークに移し、新樽比率100%で13ヶ月の熟成を行った。

※2009年の6月、9月は例年になく降雨量が少なく過去10年間の中では最高のヴィンテージと思われる。多くの畑の果実は順調に生育し、特に9月に降雨量が少なかったことは成熟を迎えるにあたり健全に果実の凝縮が行われた。2008年より始めたクレーレ向けの早期収穫により収量調節を最適に行うことにより、果実は充実した成熟を迎えた時点で収穫できた。また、2009年より池川氏の管理するベリーAの圃場が増えたことで収穫量も増加し、質、量ともに充実したヴィンテージであった。

色調は明るいルビー色で、イチゴの果実香がトップに広がるが、口中に含むと樽のロースティーでスパイシーな香との調和も感じられる。口当たりは非常に滑らかで完熟した果実がもつ濃縮感が強く余韻が長い。樽熟成をしているが樽の風味が全面に出ることはなく、ジャーミーで均整のとれた温かみのあるワインに仕上がっている。
販売価格 3,800円(税込4,104円)
在庫数 お問い合わせください
SOLD OUT

About the owner

店長 岩瀬


J.S.A認定
シニアワインアドバイザー

Top