鳥浜 大吟醸

容量:720ml

使用米:五百万石

「若狭なる 三方の海の 浜清み い往き還らひ みれど飽かぬかも」と万葉集に詠まれているように、昔も今も豊かな自然に恵まれている若狭町のお酒。現在は鳥浜酒造五代目小堀彦五郎(安彦)氏が中心となり酒造りをおこなっています。年間200石ほどの生産量ですが、量産より品質を上げること、そして地元の風土にあった特徴ある酒を目指すこだわりの蔵元なのです。

酒蔵では蔵からほど近い場所にある「お舘の泉」を昔から仕込水として使っています。自然に湧き出るこの水は、カルシウムやマグネシウムなどをバランス良く含んだ軟水です。なめらかできめの細かい繊細な味わいのこの水があってこそ、鳥浜酒造の酒ができるのです。

平成21年度より新・酒造好適米「越の雫」を使った鳥浜酒造大吟醸を仕込みました。原料米の良さがでて、キレのある、飲みやすい大吟醸に仕上がりましたので是非お試し下さい。

販売価格 1,600円(税込1,728円)
在庫数 お問い合わせください
SOLD OUT

About the owner

店長 岩瀬


J.S.A認定
シニアワインアドバイザー

Top